腰痛のツボ

リンパケア

福岡:リンパ:8月15日

私達人間は体重の約60%を腰で支えています。

そこで起きてしまうのが「腰痛」

もちろん骨の状態や筋肉にも問題がある

のですが、腎(じん)とも深い関わりが強いのです。

この腎(じん)は体の深い所にあり

身体の中心に位置しています。

「生命活動の源」とも呼ばれるほどです。

では腰痛・腎に関連するツボ!

それは腎兪(じんゆ)

腰の1番細い所(ウェストのくびれ)で背骨から指2本くらい

外側にあります。ここをお腹側に向かってグッと押してみましょう。

毎日続ける事で腰痛はもちろん

むくみや冷え、下半身のだるさにも効果が期待されます!

薄毛や抜け毛について

チェック

福岡:リンパ:8月8日

今は雑誌やメディアなどでも

よく目にする

薄毛や発毛

高齢者だけでなく、若年の方でも悩みの1つ

特に男性においては、3人に1人が薄毛を自覚しているんだとか・・

そもそも髪の毛は1日に平均80本くらいは抜けているのです。

抜け毛の原因の1つが

頭皮の汚れ・つまり・脂っぽさなど

抜け毛や薄毛は徐々に進行していきます。

早めにお医者さんへ相談!

ツボの代表格は12点

チェック

福岡:リンパ:8月4日

人体には代表的なツボが12個あります。

これを「原穴=げんけつ」といいます。

この原穴はいわゆる急所的存在で

自然治癒力を高めるために用いられます。

今日はその内の4点をご紹介します。

▪大陵=だいりょう(心包に通ずる)

 手の平側の手首の横ジワの中央

▪陽池=ようち(三焦に通ずる)

 手の甲側の横ジワの小指寄り

▪衝陽=しょうよう(胃に通ずる)

 足の甲の第1中足骨と第2中足骨の下あたり

▪太白=たいはく(脾臓に通ずる)

 足先内側の足親指の付け根

 

生活習慣病とは

食べる

福岡:リンパ:7月24日:ブログ

生活習慣病は

運動不足、偏った食事、過度の飲酒などによって

生じる病気です。

特に食事は大きく影響を及ぼします。

食生活は骨の質や健康にも関わってきます。

今できる事から食生活を見直して

骨を丈夫に保ちましょう!

【骨を強くする栄養素】

カルシウム  牛乳、丸干しイワシ、ひじき他

ビタミンD  サケ、うなぎ、きくらげ他

ビタミンK  納豆、ほうれん草、鶏肉他

 

呼吸のしくみ

深呼吸

福岡:リンパ:7月19日ブログ

呼吸が大事

深呼吸をしよう

とよく言います。

では、この呼吸のしくみ

実は体内の酸素と二酸化炭素を入れ替える

「ガス交換」なんです。

また呼吸は2つに分けられ外呼吸と内呼吸があります。

外呼吸は肺呼吸とも言い肺胞でガス交換が行われます。

内呼吸は組織呼吸とも言い血液と細胞の間で行われます。

呼吸数は成人で1分間に約15~20回されています。

呼吸運動のおかげで私達は生命を維持しています。

 

ツボの代表格は12点

症状

福岡:リンパ:7月14日ブログ

人体には代表的なツボが12点あります。

これを「原穴(げんけつ)」と言います。

この原穴はいわゆる急所的存在で

自然治癒力を高めるために用いられます。

今日はそのうちの4点をご紹介します。

京骨(けいこつ) 膀胱に通ずる

         足の甲の小指と足底の境目に存在

太谿(たいけい) 腎臓に通ずる

         足首内側でアキレス腱のくぼみに存在

太衝(たいしょう)肝臓に通ずる

         足の甲の親指と第2中足足骨の間にあるV点

         

4つの脳波

集中

福岡:リンパ:7月10日ブログ

私達人間の脳波は

今わかっているもので4つの状態がある

といわれています。

今日はその中の2つをご紹介します。

アルファ波(α波)覚醒と睡眠の間の状態

 精神活動が活発になり意識レベルが高まっている

 しかし脈拍数が遅くなって呼吸数も減る

 リラックス状態

 特徴 創造力、リラクゼーション

ガンマ波(γ波)脳の認知機能に最適

 エネルギーや集中力を増加させる

 心身に影響力がある

 特徴 明瞭、予知

 

 

体の各器官の長さや数

顔

福岡:リンパ:7月5日

私達人間には、いろんな器官・臓器が備わっています。

脳に鼻に心臓に腸

今日はその各器官の長さや数についてお話します。

動脈の太さ(直径) 1.6㎝~3.2㎝

静脈の太さ(直径) 0.5㎝~2㎝

歯の数       乳歯20本、永久歯32本

胃液の分泌量    1日に約2~3リットル

胃から十二指腸への食物の通過時間 液体だと10分

                 固形だと3~6時間

右肺の重さ     男性:650~720g 女性:480~510g

左肺の重さ     男性:540~630g 女性:390~450g

なんだか数字にすると、とてもリアルですよね。

私達リンパセラピストは、こういう医学の分野も

知識として知っておくことが大事です。

また人の体を知る前に

自分の体を知ることも大事です。

骨の強度とは

骨折

福岡:リンパ:7月1日

骨の強度は

骨の質(骨質)と骨密度によって決まります。

実は最近の研究で*生活習慣病は骨の質を悪くして

骨折を起こしやすくするという事が分かってきました。

では骨をもろくする要因とは?

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKの不足

運動不足

加齢

アルコール摂取などが挙げられます。

(*ここでいう生活習慣病とは

 糖尿病、高血圧、慢性腎臓病などです)

病気の治療とともに骨折しにくい工夫をしましょう!

知ってるようで知らない血液の話

マッサージ

福岡:リンパ:6月27日ブログ

血液は全身を絶えず循環しています。

栄養分や酸素を運び

二酸化炭素や老廃物などを運び出したりします。

血液量は、その人の体重の約1/13です。

(男性は約8%、女性は約7%)

例えるなら

体重が50㎏なら 血液量は約3㎏となります。

しかし、ここからが重要!

心臓から出ていく血管は動脈で、心臓のポンプが動きますが

心臓に戻る血管の静脈にはポンプ機能がないのです。

なので、ポンプの役割を果たすために

リンパケアが効果的なんです。

また、血液を戻すために重要な部位が「ふくらはぎ」

足裏から ふくらはぎにかけて上手にケアして

血液循環を良くしましょう!